商品ラインアップASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019ベンチャーグランプリ受賞

①営業リスト作成(詳細ページはこちら)🔗

新規営業リスト作成だけでなく、保有する営業リストを正規化して不足情報を補います。例えば、名刺情報に法人番号、業種、資本金、従業員数などの情報を付与することもできます。これにより、アプローチOK/NGの判断や優先順を明確にすることができるようになります。優先順がわかれば、投資配分も最適化することができます。(コンサルティングサービスの中で分析を行い、その結果から導かれた営業リストを提供するサービスもございます)

②コンタクトフォーム自動入力(詳細ページはこちら)🔗

フォーム入力の段階で会社名、住所などの情報を正規化します。これによりデータ入力の揺らぎを防ぎます。更に、ユーザーに表示することなく法人番号、業種、資本金、従業員数などの法人情報(お問い合わせ内容や個人情報は外部に出ることはございません)も取得することができます。これにより、ユーザーの入力は簡単になりCVRの改善が見込めます。また、情報の入り口で正規化されるため、マーケティングだけでなく営業活動や契約時の信用チェックなどの業務も容易になります。

③データクレンジング(詳細ページはこちら)🔗

名刺情報、MA、SFA、CRMなど蓄積されたデータを正規化して法人番号、業種、資本金、従業員数などの情報も補います。また、企業の閉鎖、合併等による商号の変更などの情報も取得することができます。1万件をわずか5分でクレンジングできるので、例えば、イベントのアフターフォローを迅速に行えるようになります。担当者がいつでも簡単に実行できるエクセルを使ったインターフェイスとAPI連携による常時データクレンジングができるインターフェイスの2つがあります。

 

詳細資料、無料トライアル、ご相談・お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。